有料動画図鑑

先生、恥ずかしいです・・・

  • アイドル系のキュートな笑顔が魅力の松田亜美ちゃん。ピンクのキャミソール姿が何とも愛らしい。場面変わって制服姿でソファーに座る亜美。すると「おまえの机の中からこんな物が出てきたぞ?なんだこりゃ?」とローターを見せられる亜美。「知りません。」としらを切る亜美に「知りませんだと?身に覚えがないのか?」と詰め寄る先生。「ありません。」とあくまでも知らないという亜美に「手に取ってみてみろ?臭いを嗅いでみろ?」と指示する先生。「それ、おまえの臭いじゃないのか?」と亜美を疑う先生。しかし、亜美はとことん否定する。「ちゃんと白状すれば、みんなには黙っててやる。」と言われ、「そうかも・・・、たぶん私の・・・。」と観念して白状する亜美。「よし、黙っててやるから、先生の言う通りにしてもらおうかな?」と先生に言われ、渋々「はい」と返事する亜美。「いつもおまえが使っているようにしてみろ。」とローターでオナニーを指示する先生。亜美はローターを乳首に押し当てていく。「ブラウスのボタンを外してみろ。」先生に言われ、ブラウスのボタンを外し、ブラジャーの隙間から乳首にローターを当てていく。「乳首がカチカチに勃起するまで当ててみろ。」亜美は、ブラジャーをずらしておっぱいを丸出しにすると、ローターを乳首に押し当てていく。「恥ずかしいんですけど・・・」と恥じらう亜美に「恥ずかしい方が感じるんじゃないのか?」と言葉責め。「ほかの場所にも当てたくなってるだろ?」と感じ始めた亜美を促すと「・・・クリトリス。」と足をM字に開く亜美。「よし、当てろ。」と先生が指示すると亜美はローターをクリトリス押し当てていく。「私はスケベな女です。」と先生に言わされる亜美。パンティの中にローターを入れ、直接クリトリスを攻め始める亜美。息づかいが荒くなり喘ぎ声を漏らし始める。パンティを脱いだ亜美は、オマンコを丸出しにしてローターを押し当てていく。顔を歪めながら感じてしまう亜美。「ん~、あ~、イク。ん~、あ~!」体をビクンとふるわせてイッてしまう・・・。「おまえ、それだけじゃ満足してないだろ?」と亜美がまだ満足していないことを見抜いている先生。「おまえの机の中から見つかったのはローターだけじゃないんだぞ?」と電動バイブまで見つかってしまった亜美。たっぷりと咥えて濡らすとゆっくりとバイブをオマンコに挿入していく。「ゆっくりと抜け。」先生の指示で何度も出し入れをさせられる亜美。そのうち、亜美の愛液でバイブはヌルヌルになってしまう。「もっと恥ずかしい格好をさせてやろう。おしりを向けて四つん這いになれ。」亜美はオマンコを晒すような恥ずかしい格好をさせられてしまう。バイブがうなりながら亜美のオマンコに突き刺さりながら回転していく。顔を歪ませて感じてしまう亜美。「あ~、イク。イク。あ~~、イク~~!」亜美はグリグリとバイブをピストンさせながら絶頂へ達してしまう・・・。先生にエッチなことをさせられてしまう女子校生亜美。元アイドルで女優のS井○子似のかわいい娘がエロエロ三昧のロリ作品。


    (最終更新者:管理人)
    サイト名 女優名

コメントを残す